VPC や Compute Engine のリソース割り当て (Resource Quotas) の上限を変更する方法と注意点について

記事タイトルとURLをコピーする

こんにちは、G-gen の武井です。Google Cloud (旧称 GCP) の VPC や Compute Engine では、さまざまな理由から使用できるリソースの割り当て量に上限が設けられています。
そのため、ある日を境に、「VM インスタンスに外部 IP アドレスを割り当てられなくなった」といった具合に、予期せぬトラブルが起こる可能性があります。

ただし、リソースの割り当て量の上限については正しい手順を踏むことで変更可能です。そこで今回は、リソース割り当て量の上限を変更する方法や、それにまつわる注意点について紹介したいと思います。

リソース割り当て量の上限を変更する方法

1. 上限が設けられている理由について

詳しくは以下の公式サイトをご確認いただきたいのですが、公平性の担保、また、予期しない使用量の急増を予防する観点などから、リソースの割り当て量には上限が設けられています。

cloud.google.com

cloud.google.com

2. 手順について

リソース割り当て量の上限を変更するには Resource Manager から変更リクエストを依頼します。

Cloud コンソールから操作する場合、ナビゲーションメニュー、または検索ボックスから IAM と管理 > 割り当て と遷移します。

Resource Manager で管理可能なリソースは非常に多いので、以下のようにフィルタ欄にサービス名を入力して絞り込むと良いでしょう。

次に、上限を変更したいリソースにチェックを入れ、割り当ての編集 をクリックします。

変更後の上限数、また、変更の理由を記載したら、次へ をクリックします。

最後に、名前、メールアドレス、電話番号を入力したら、リクエストを送信をクリックします。

その後リクエストの申請が承認されたら、リソースの上限数が変更されたことを確認しましょう。

リソース割り当て量の上限を変更する上での注意点

1. アカウントの権限 (IAM ロール)

変更リクエストを依頼するアカウントに以下の権限 (IAM ロール)が必要になります。

  • 割り当て量の表示
    serviceusage.quotas.get

  • 割り当て量の変更
    serviceusage.quotas.update

基本ロールオーナー編集者 にはどちらの権限も付与されています。

事前定義ロール についてはどちらも付与されていないか、あるいは表示権限のみが付与されたロールしかなく、変更権限が付与されたロールは確認できませんでした。
(2022年5月時点)

以下は権限が不足したアカウントで割り当て変更リクエストを申請しようとした際の画像です。「この割り当てを編集するのに必要な権限がありません。」と表示された場合は、操作しているアカウントの権限を今一度ご確認ください。

2. プロジェクトの状態

大原則として、無料トライアル中の Google Cloud では割り当て変更のリクエストはできません。無料トライアル中は限定的なアクセスが提供されているからです。

また、変更リクエストを実施しようとしているプロジェクトは、「お支払いプロファイルが紐付いた請求先アカウント」に紐付いている必要があります。
簡単に言えば、Google Cloud からの請求に対して利用料を支払える状態にあるプロジェクトということになります。

※上記については公式サイトでも言及されておりますのでご確認ください。

以下はそのような状態のプロジェクトにて割り当て変更リクエストを申請しようとした際の画像です。このようなメッセージが表示された場合は、まずはプロジェクトの状態をご確認ください。
解消してもなお同様の状態が続く場合は、Google のセールスチーム への問い合わせが必要になります

サービス利用状況の履歴に基づき、現時点で割り当て増加はご利用いただけません。
現在ご利用いただける割り当てをご活用ください。
また、追加のリソースが必要な場合は、Google のセールスチーム(https://cloud.google.com/contact/)にご連絡のうえ、
割り当て増加の資格を得るためのその他のオプションについてご相談ください。

※Google Cloud の請求の仕組みにつきましては弊社ブログでもしっかりと解説をしておりますので、こちらも合わせてご参照いただけると幸いです。

blog.g-gen.co.jp

武井 祐介 (記事一覧)

クラウドソリューション部

2022年4月より G-gen にジョイン。前職では AWS を中心にインフラ環境の設計構築、運用保守業務を担当。先日 Associate Cloud Engineer に続いて Professional Cloud Architect を取得。

6月末の Professional DataEngineer の受験に向けて追い込み中。